家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

事件簿#013 雪ガラナ(小原)

 

 

 コアップガラナで有名(?)な北海道は小原の北海道冬限定の「雪ガラナ」です。
 まぁ、元々ガラナは北海道以外であんまり飲まれていないので(最近は地道に増えているみたいですが)道外の方にはちと馴染みがないでしょうか?
 ガラナの歴史に関しては色々ありますが、今回は省略します。まぁ、ネットで調べればすぐですし?(他力本願寺)
 ポイントは「水は横津岳の天然水」「果糖ブドウ糖糖液は北海道産のじゃがいもを主原料」などと北海道の原料で函館で生産という地産地消っぷり。
 雪ガラナの名の通り、透明な液体になっております。ってこの色もカラメルか何かなので、それを抜いただけなのかな? まりもっこりガラナのように緑色のもあるので。
 前振りも長くなってきたのでボチボチ飲んでみましょう。

 ………………
 …………
 ……

 ガラナです(笑)
 気持ち普通のガラナよりもすっきりした感じかな? ガラナエキスも少し抑えてあるのかもしれません。
 いつぞやのホワイトペプシのように違うフレーバーなのかな? とは思っていましたが、特に変わってもない。見方を変えるとちょっと薄めのガラナ?
 評価としては「思ったよりふつー」ってとこで。
インパクト:3
謎度:2
飲める度:4

2008-12-26

 

謎ドリンクハンターTOPに戻る

 

この背景は

からお借りしました。