家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

名古屋防衛オフ会レポート
(2003年03月01日)

 

 その日は朝からでした。
 帰ってきたのは7時過ぎ。色々やってて8時半過ぎ。1時間ほど寝て出撃……いや、迎撃の準備です。
 外は無論雨です。近くの駅まで歩くのはちと難儀。仕方ないのでスペシャルチャリンコ5号(謎)の出動。
 ……何度も言うようですが外は雨です(涙)
 まぁ革のコートなので身体は濡れませんが、頭は濡れます。
 危険とは分かりつつも傘を差しながら自転車を。
 今回は帰りの買い出しのこともあって、いつもとは違う駅からJRに乗ります。まぁ、ちょっと支線なので帰りがどーかなぁ? と思いながらも名古屋駅までは運賃一緒なのでよいかな、と。
 出来れば行きがけに「ビッグロシア」とかゲットしたかったのですが、残念ながら売っておらず。もう仕入れないのだろうか? 「ロシア」でもいいのに……
 無い物は仕方なく、駅へ。
 この駅、確かに運賃は変わらないのですが、名古屋行きの電車が30分に一本だけ。しかも前の電車は5分前に発車してました(泣笑)
 25分ほど待って名古屋駅に11時過ぎに到着。
 さぁ、ここからが闘いです。いざアニメイトへ!(何)

 ……まぁ、12000円分くらい本を買ったのは別にして(もーちょっと欲しい本もあったのですが)、さらにレジが混んでいて、先に着いているだろうらんとさんにメールを送ってみたり。
 それでも侵略軍の到着前に名古屋駅太閤口の待ち合わせ場所に到着。
 相手のらんとさんは3oの白熊なのですぐ見つかると思ったのですが「これ」という決め手に欠け、断定できず。もう一人いるとのことで二人(二匹?)連れの方を探していたのですがいなくて……
 いや、「もしや?!」という3oの白熊の方を見つけたのですが、一人だったので違うかなぁ…… と。とりあえずまだ時間に多少の余裕があったので、さっき買った本を整理などしていて、あとはデンパを送って反応した人だろうと携帯を取りだしたところ……
「そこだぁっ!!」
 私に迫る数条のビーム。それを寸前でかわし、またはシールドで受けて反撃。どうやら「奴ら」が来たようです。
 く…… 援軍よりも先に敵に遭うとは……

 閑話休題(それはさておき)

 12時ちょっと前に新幹線が到着したらしく、上庄さん・あぼがどさん・小次郎さん・つむぎさん・Kanさんが到着。
 上庄さんのデンパによりらんとさんが気付いて(先程目星をつけていた3oの白熊の方でした)、その直後らんとさんの連れのTAMAさんも到着。これで攻防双方が揃いました。
 さぁ、行くぞ! と気合いを入れたはいいのですが、
 外は雨。
 それもこれもきっと雨男ブラz(打撲音)

 ……はっ、過去数分の記憶が(何)
 とにかく事前の計画通りまずは「地べたを這いずる虫けらどもめ」地獄(謎)へ皆を案内。プランは考えたのですが、場所がハッキリしないのでらんとさんに案内を頼んでツインタワーへ。
 スカイシャトルというサブメカに出てきそうなエレベーターを使って12階へ。そこから展望台の51階へ行くのですが……
「本日、天候により隣のビルくらいしか見えませんがよろしいでしょうか?」
 ……全くその通りですよね。でも高いところスキーの我々は一も二もなく展望台へ。
 30秒ちょいでエレベーターは12階から51階へ。外が見えないので、どれくらいの速度で登っているのか気になったり。
「でもアレですよね。外が見えたらいきなり風景が歪んでいきなり上に移動してたら面白いのに。」
 ちょっとウケました♪
 エレベーターの中では「下の人などおらん!」とかネタを飛ばしながら、空間も歪むことなく展望台へ。エレベーターから出ると花束を持っていた人が待機していたので「もしや○○万人目なのか?!」と思ったのですが何も関係ありませんでした。
 そしてついに我々の物である(何)眼下を街を……

 というか、真っ白でした(大笑)
 この地上245mはちょうど雲のど真ん中のようでまるで見えません。
 ……ラピュタは本当にあったんだ!(違)

 下に目を向けるとどうにかコレくらいに。

「気に入らんな。」
 小さく呟くと自分の足にもたれかかるようにしていた豹柄の美女(笑)が物憂げな視線を上げてきた。その髪をすっとすく。
「いや、お前の事じゃない。
 ……この天気がな。」

 そんな感じの光景です。
 遠くを見ようとしても真っ白け。とりあえずネタにはなりましたが(笑)
 外は諦めて、展望台の中を探索。
 ツインタワーを中心とするミニチュアがあったので「名古屋駅前を襲うA・ボガード氏」ということで撮影。

 ……でも残念ながらつむぎさんの撮った方が絵として面白かったです。うう、負けた……(何がだ)

 ちなみに隣はヘリポートになっていたりします。
 ……なんか蓋みたいで動きそうな気もしますが(ぼそ)

 いつものように(?)「大名古屋ロボの4号機」とか「実は上半身が地面に埋まっている」などの推論を交えながら展望台フロアの売店を物色。

 謎のエビフライグッズ。

 これはこれはなんでしょう?

 あとはあぼがどさんと「キティちゃん」のネタで盛り上がっていたり。
 ちょっとアレなのですが「それは卑怯だ」と絶賛でした。お返しのネタも爆笑モノで…… ふっ、互角だな(何がだ)

 大名古屋ビルングと回るコカコーラの看板に惹かれます(謎)
 石とか土産物を鑑賞してから、やはり外が見えないためにさっさと下界へ。

 続きましては昼食に「名古屋モーニング」地獄を。
 これまた場所を文字だけで確認してらんとさんに案内を。
 名古屋駅周辺の地下街(めっちゃ広かった)を黙々と歩いて、途中小次郎さんがチーズケーキに惹かれたり(してません)しましたが、そこで驚愕の一言が。
「あ、ニヒル田(仮)さん!」
 いや驚き。サークルの後輩です。しかも彼女(?)連れ。
 出張で名古屋に来ていたとのことですが、なんという偶然。向こうも忙しいでしょうから「仲良くな」と爽やかな笑顔(←多分嘘)で見送ってあげました。
 そんなイベント(違)をクリアしてついに「いつでもモーニング」で有名な(大抵の店は午前中でモーニング終わりなので)お店に。
 ……閉まってたんですがね(涙)
 理由は不明です。土曜日は午前中閉店というのも確認してきたのですが、何故にWHY?
 ここで諦めきれないのか、Kanさんが去り際にお店の方に一人でフラフラと……
 この時我々の脳裏にあの光景が蘇ります。

 血塗れの携帯

 いやぁぁぁぁぁっ!
 声無き悲鳴が届いたのか、二度と帰ってくることもなく無事Kanさん帰還。
 ここで食物を摂取できると考えていたあぼがどさん。朝食を抜いていたらしくすでに顔面蒼白でフラフラでした(誇張)
 確かに歩き続けで足を休めたいのも確かだったのですが。

 地下鉄で途中乗り換えながらも二駅で大須観音駅へ。
 ……未だに外は雨。降り止む気配すらありません。
 運良く、というか大須の街というのはアーケードが発達しており、幾つかの境目を除くと屋根に覆われております。
 地下鉄の駅を出て、雨の中大須観音をくぐり抜け、入り口付近の大須観音通へ。
 喫茶ムーミンなる所の三〇〇円の麺類にちょっと心惹かれたり、立っていた黒人をマネキンと間違えたり(笑)しながら通りを歩きます。
 途中、結構有名な揚げパンのお店で小休止。
 揚げパンに牛乳、そしてミルメークという「懐かしセット」をいただきました。他の人たちも懐かしセットや微妙に違うセットなどを。ここで小次郎さんとつむぎさんが近くの屋台で串を、Kanさんがチャンジャとキムチを別な屋台で頼んでいたり。
 大須観音通から万松寺通へ。怪しい店を外から覗いたり、玩具屋に入ってみたりしながら進みます。
 そして万松寺通から新天地通に入り、萬松寺(身代わり不動)の前へ。
 巫女さんがいるなぁ、と思ったらが萬松寺の向かいが話題(?)の「巫女茶屋」でした。
 某メイド喫茶と違い、雰囲気はごくごく真っ当。巫女服がちょっと嘘っぽい(?)のとあんまり萌えない(何)のを除けば雰囲気は悪くありません。

メニューはこんな感じ

 湯飴(冷やし飴を暖めた物)やグリーンティ(緑茶かと思えば冷たい&甘い物だったそうで)や三国一の甘酒等を。外が冷えていたので、温かい飲み物が身体にしみます。
 私はぜんざいを頼んだのですが、どーも薄い感じ。ぜんざいって、小豆タップリの感じを想像していたのですが…… となりのおばちゃんが中の白玉が麩だと説明してくれました。
 ところでKanさん、「身代餅」を「みのしろもち」と読むのは勘弁して下さい。向かいの不動は「みのしろ不動」ですか(ぼそ)
巫女さんが湯浴みしているのを想像しながら……」byあぼがどさん
 湯飴からそんな想像ができる貴方はステキ(笑)
 ウェイトレスの巫女さんはこっそりネタを振っても笑ってくれなかったのですが、隣でぜんざいを食べていたおばちゃんが喋る喋る笑う笑う。
 まぁ、楽しかったから良いのですが。

 その後、ふれあい広場を雨の中突っ切り東仁王門通へ。
 ここにこんがり丸焼きチキンがあるブラジル料理店があって、つむぎさんやあぼがどさんが食べる気満々でしたのですが、予想以上の大きさに食べ歩きが出来ないことを知り断念。以後のチャレンジを期待(笑)
 またブラブラと仁王門通へと抜けながら、「カジアルショップ」&「ジンズ」のコンボに打ちのめされます。
 あれ? どっかの横道にあるトルコ料理店が無い…… 地図を見なおして場所を確認して来た道を遡ります。
 どーにか発見したトルコ料理店であぼがどさんがドネル・ケバブをゲット。
「ヨーグルトソースはないのか!」と(笑)
 そのまま横道を突っ切って万松寺通へ復帰し、この辺で朝から風邪気味でマスクをしていた上庄さんが体調不良の為帰ることに。元より夕方から大阪に行く予定だったKanさんもここで一緒に。
 皆で大須観音駅まで送る途中、鰻屋のショウケースに「ジャンボ丼」4000円というものが。
 ……いや、ちょっと丼でかすぎ(笑) debuyaに投稿しようかな?(笑)

 二人と別れた後、黙々と新天地通りまで戻って、第1アメ横ビルへ。
 途中メイド喫茶には諸処の事情で寄らず。つーか、我々には無理だ(何がだ)
 名古屋の電気街と有名な大須。その総本山みたいなところですが、何故かガチャガチャとかを扱っている店に皆が熱中(笑) みんな買っているんですねぇ……
 PCショップとかを眺めていると、そろそろ海賊との交戦時間が迫ります。

 これまたらんとさんに案内を頼んで大須を脱出。
「やば麺」ってなんでしょうね? と謎の看板を見ながらパルコ名古屋店へ。
 ここに海賊が待ちかまえているのか!
 ……って、パルコって西館・東館・南館って三つもあるのか!(驚愕)
 雨の中(まだ降ってます)、どーにか探し当てて串揚げバイキングのお店、神楽食堂串屋物語へ。
 関西風の海賊と伝えてありましたが、さすがに想像出来なかった様子。
 ちょっとほくそ笑みながら(何)お店に入ります。ちょっと色々ありながらも食べ飲み放題2500円コースへ。
 椅子の中に荷物がしまえるのを驚いたりしながら早速戦闘開始。
 ……リミッター解除!(お約束)
 揚がってない材料の串を席に持ち帰り、溶き粉とパン粉をつけて、席に備え付けのフライヤーで揚げて、好みのタレをつけるというもの。
 チョコパンと大きなエビのサービス(もしくは腹を膨らませるための陰謀?)等々置くとフライヤーのせいもあってテーブルの上はアッという間にスペースが無くなってしまいます。
 最初はおっかなビックリでやってましたが、慣れてくるとコレがなかなか楽しい。揚げ方が適当でも揚げたてなので美味美味。
 TAMAさんが鶏肉以外の肉が苦手だとの事でしたが、海産物や野菜も豊富なので満足の様子。サイドメニューも豊富なので、結構お勧めかも?
 歓談しながらの食事。
「せっかく物書きが集まっているのだから、物書き談義でも。句読点の使い方とか……」
「盛り上がらないからダメだろ。」
 ……ダメだ自分ら(笑)
 とりとめない話をしながら、TAMAさんがロクに自己紹介を受けてないとのことで自己紹介タイム。
 ただ、元々交流の少ない方だったので「いやぁ、私がつむぎで……」といういつものお約束が封じられてしまいました。くっ、やるな……(謎)
 その繋がりでどーにか物書き談義に。
 ……なんてやっていると、食べ放題タイム(90分)に終わりが見えてきました。
 いかん! デザートを喰わねば!(笑)
 皆の気持ちが一つになりました。爆竜と融合するのも簡単です(?)
 アロエ(?)やコーヒーゼリーやプリン(最初醤油かけた豆腐か? とヒヤヒヤしてましたが)、杏仁豆腐などを摂取。う〜ん、ソフトやコーヒーも欲しかったかも。
 アルコール飲み放題でしたが、日本酒などが駄目でカクテルや酎ハイばかりなので、他の飲み物と割り切れば飲み放題じゃなくてもオッケーかなぁ? とも思ったり。……いや、オイラはビール飲みませんからね(爽やかな笑み)

 会計も澄ませ、そろそろ解散です。
 皆で名古屋駅に戻るために矢場駅(パルコから直接行けるのを確認した上での店のチョイスだったり)へ。
 ……ああ、さっきの「ヤバ麺」って地名のことか!(納得)
 ともあれ地下鉄で名古屋駅へ。
 ふと携帯で時間を確認して…… むぅ、ちょっと時間がピンチ。
 いえ、別に終電というわけじゃないのですが、私の来た駅方面直通の電車が30分に1本なので、出来ればそれに乗りたいなぁ、という理由がありまして。
 名古屋駅について別れの挨拶もそこそこに光の早さで明日へダッシュ!
 おかげで間に合いました(ペコリ)

 駅に戻って明日の食事を買うためにスーパーへ。
 ……嗚呼、ロクな物がない(涙) 私の生命を繋ぐ半額総菜品&菓子パン&お菓子が全然ないぞ!
 泣く泣く適当に物を買って帰還。
 ……夜までずーっと雨でした(とほほ)
 こーゆー日もあるんですねぇ。

 ちなみに東京に帰った小次郎さんからメールが。
 大雨で東海道線が止まったそうです。
 カルボラーナとココア、チーズケーキの三種の神器のうちチーズケーキから摂取できなかった為、帝都が水没の危機に見舞われたようです。
 さすが雨男ブラザーズの片割れ、侮れません(何)
 ……こーゆー日もあるんですねぇ。

 

オ・マ・ケ

 毎度毎度皆さんからお土産を貰って嬉しい&申し訳ないばかりで。
 横浜のお店のチョコの旨さに舌鼓を打ちながら、あぼがどさんに「15歳可憐な女子高生に相応しい物を」と戴いた、

 

ピンク色のシュゴス

……あ〜 どうもありがとうございます(笑)