楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪

2002年度帝都横浜襲撃5日目
(2002年12月31日)

 

 徹夜明けなのでマクドナルドのような物を摂取した後、さっさと寝ます。
 夕方に目を覚まし、ついでとばかりに新たな地へ侵攻を始めます。
 その地とは…… 横浜!(拳ぐぐぅ)

 京急にて上大岡駅に移動。そして地下鉄に乗り換えて伊勢佐木長者町へ。
 本当は関内駅の方が近いのですが、伊勢佐木町通りというアーケード街(屋根は無いけど)を通っていこうといういうことで。
 まぁ、時間が遅めだったので、現時連絡員曰く面白そうな所は開いていなかったのですが、途中一軒オススメの店があるということで行ってみました。
 古本と玩具の店、ってことで中古のフィギュアやボトルキャップ他を扱っている店でした。
 何か「これは!」って物を探して……

 なんとギャリバードのプラモ!
 無論、再販もされていませんのでメッチャレア!
 興味はないので食指は動きませんが、一万円の金額も納得のいくものです。

 そんなわけで中華街の最寄りの駅関内に付いてから、横浜球場の横を抜け……

 やってきました中華街!!
 もう気分は香港マフィアと対決する丹波哲郎の気分です(謎)
 まず目指すは……

 メッコール!!(←おバカ)
 あ〜 撮ったときも思ったけど、上手く撮れてないや……
 心の目で見れば右上2本のメッコールが見えるはずです。
 まぁ、荷物になる、ということで後で購入しに来ましょう。

 季節柄しかたがないのですが、風が容赦なく体温を奪っていきます。
 こーゆー時は温かい物を…… と300円で甘酒を購入。
 ……ただ、酒粕から作った甘酒を紙コップ一杯で300円とはちとボッているのでは、とも(ぼそぼそ)
 まぁ、そーこーしながら今日の晩餐を探します。
 ここ中華街に来て中華料理を食べないというのも虚をついて(つくなよ)よさげですが、やはりここはチャイナ料理、ということで。
 似たようなコース料理を眺めながら、何処が美味しいのか見当も付かずウロウロウロウロ……
 路地に入ったりもしながら探すことしばし。
 手頃な値段(しかもタイムサービス中)の飲茶・点心のセットを発見。一気に吶喊します(笑)

 ちょうど人数分の席が空いて潜入。
 フレンドリーなおじさんに飲茶点心セットにザーサイチャーハンと豚の角煮(東坡肉ってやつでしょうな)を注文。
 中華スープに中華ちまき・春巻き・ゴマ団子。蒸籠で5色のシュウマイ?(シソ風味が特に美味。どうやらTVチャンピオンにも出場したらしい)とプリプリのエビシュウマイ・饅頭・蒸し餃子?などなど。そしてデザートは定番の杏仁豆腐(一つタピオカのココナツミルクでしたが)がセットの内容。
 しょーじき言って、美味
 味にうるさい、というか、あんまり料理店を褒めることが無いんですよね。
 まぁ、店の中でどーとか言うことは無いのですが、点心も東坡肉(ちゃんと皮つき)もチャーハンも美味美味。
 香り高いジャスミンティが口の中をサッパリとさせて次々と食が進み、最後の杏仁豆腐のヒンヤリ感が後味スッキリ。
 いやぁ、美味かった……(遠い目)

 こちらのお店なのですが、調べたところ結構有名なお店らしく。
 並ばずにすんなり入れたのは僥倖と言うべきだったでしょう。
 満腹で気分良くなり、

 再び中華街を練り歩きます。
 ただ残念なのは物産展が写真撮影禁止、ってことでネタが拾えなかったのが…… いやはや。
 そしてメッコールを買いに(何)
 買いすぎたために二つあったメッコールのボタンの片方が売り切れになったのは秘密です(笑)
「神秘の味」(謎)が売られていたのを発見してちと脱力しながらも、現地連絡員の情報により、一つの重要拠点を目指す。

 かの三国志の英雄の一人、関羽を奉ったという横濱関帝廟です。
 ……なんか中に入ると蝋燭とかを買わされるとのことで、外から撮影です(笑)
 あの噂(?)のガーディアンエンジェルが人の整理をしていたり。

 さて、十分な戦果をあげた我々は再び寒空の下横浜球場の横を通り関内駅へと向かう。
 ……つーか、中華街の周りってなんか交通機関がうまく連動していないらしく、最寄りの駅ってのが無いんですよね。うう、寒かったよ〜(とほほ)

 関内駅から上大岡駅に戻り、そこから乗り換えて横須賀中央駅へ。
 次の目的地、横須賀米軍基地(たぶん)に向かいます。
 現地連絡員によると、ライトアップされた軍艦が、年越しの時に汽笛を鳴らし、さらにサーチライトを空に向けるとか。
 港の方に行くには汐入駅の方が近いのですが、「どぶいた通り」を通るということで横須賀中央駅へ。
 名前の由来は不明だが、このどぶいた通りは米軍の軍人がよく通う店が多く並んでおり、歩いていてもニューイヤーを前に浮かれる外人さんがたくさん歩いておりました。
 他にナイフ屋やワッペン屋とか、ちょっと見かけない店もチラホラ(当然この時間は閉まってますが)。さすがにバーは盛況でして、

 おそらく軍警察と思われる車輌や警官(さすがに写真は撮れませんでした)が何かがあったときの為に、何人も警邏しておりました。
 あ〜 でも「SP」と腕章をつけていましたが「MP」とは違うのでしょうか? う〜ん、よく分からないっす。
 他にモロ軍服姿の人たち(これもさすがに写真は撮れませんでした)も陽気に闊歩しており、ときおり奇声を上げて色んな意味で怖かったです(笑)

 ちなみにこの通りの排水溝の蓋はトランペットが描かれてました。

 23時半ごろ港付近に着いたのですが、さすがにまだ時間は早く、外も寒く(笑)、今日だけ25時まで開店しているショッピングモールに入って10分ほど前に進軍(違)
 あちこちに人がいて、海を挟んで向こう側ではカウントダウンイベントがあるのか、ヤケに賑わってました。

 ちと見づらいですが、このように船がライトアップされていて浮かんでおります。

 2艘(でいいのかな?)並んで光っているのは潜水艦。現地連絡員曰く、潜水艦がこうやって来るのは珍しいとのこと。
 そしてカウントダウンが始まり、遠くで0の声が聞こえた瞬間……

 ……あれ? 何も起きません。
 自分の時計を見ても、どー誤魔化しても12時を過ぎたはず。
 なんて思っていると、いきなり船のライトが消え、そして次の瞬間再点灯したかと思うとサーチライト(発光信号用のやつだとか)が何条も雲に光を当てます。
 鳴り響く汽笛の音。
 喧しいほどの音は数分で止む。
 ……いや、噂だと花火が揚がる、とか聞いたのですが、何もなくちと拍子抜け。それ以上イベントも起きそうに無いので駅に向かいます。
 まぁ、その途中、馬鹿な若者達が海に飛び込んでいって、警察や消防に注意される一幕もあったり。

 混雑に巻き込まれないようにもう一度横須賀中央駅まで戻り、電車で帰還。
 無論眠いので、さっさと寝ます。

 

 オチ

タイトル「メッコールのある風景〜メッコールとおせち」

 ……ちなみに21本です(だからどうした)

 

年始編に続く